TeaHouse

  
  
掛け声専門の青年隊

スピーカー設置奮闘記
2017.08.17
  JBL-4311 / Accuphase E302
(音楽を楽しむには昔ながらのJBLが最高)

GENELEC-8020
(PCモニターサイドで鳴らすにはちょうどよいサイズで音も最高)

YAMAHA-HS7W
(スタジオではYAMAHA NS-10Mを使ってミックスしてるが、あえてこの部屋にはYAMAHAのHS7Wがいいかな?と。)


かねてより発注していたスピーカースタンドが届いた。

「高さ1000mmなんでこんなノッポのスタンド必要なん?」
「いや〜、デスクトップで音楽やっている人には必要なんだわ。」
そんな話から始まったスピーカースタンドの制作。

机の高さは700mm。その上には大きなPCモニターがドカッと陣取っている。
普通、PCモニターのサイドにちょこんとスピーカーを鎮座させてる事が多い。自分もそういうセッティングも試したが、思った音は出なかった。

長年スタジオでミックスしている聴きなれた音場にサウンドを追求したいと、まぁ無理な事なんだけどね。少しでも聴きやすい環境を作りたい。
そのためには、どうしても1000mmの高さ、1200mmのスピーカー間隔が必要とつくづく思っていた。

背が高くなるほど安定感が必要だし、重さも大事。
たまたま出向いた先で精密部品を作ってる友人に相談.。待つこと三か月。完成し設置することができました。

出来上がってきたのがこのオールアルミのスタンド

   
この小さな部屋に三台のスピーカー。
それぞれの特徴をだせる聴き方ができるベストの位置にセットしたい。
それ事態が無理な話なんだけど。

いろいろな組み合わせで視聴を繰り返し、丸一日かかってしまった。
この組み合わせがベストかな?、とりあえず終了!(疲れた!)

見た目も安定感も最高!もちろん音も想像以上の品のある音を鳴らしてくれてる。
(JBL4311はとりあえず別の部屋に移動待機中で、GENELECは右サイドに移動)
 
スピーカースタンド仕様

上板 350mm×250mm×10mm
底板 400mm×400mm×10mm
支柱 直径 100mm×1000mm

オールステンレスなので見た目も申し分なくとても綺麗
制作者には大変ご無理をさせました。ありがとうございました!

制作者:佐々木友張
(有)ワタナベ鉄工 (岡山県)