Home Studio

オーケストラ録音(同録と言われ、24名くらいの演奏者を一同に集めてレコーディング)は大きなスタジオで、唄入れは都内の録音スタジオで行われる

この部屋はプリプロ作ったり個人的な録音作業用に使っていたのだが、最近はミックス作業することが増えてきた

レコーディングスタジオと違って、部屋のチューニングは大変だが、それなりにミックスしやすい環境に作り上げられた

MacPro/MacBookPro/LogicProX/ProTools


モニター環境

JBL-4311 / Accuphase E302
音楽を楽しむには昔ながらのJBLが最高

DYNAUDIO-LYD8
ミックスはこれがメイン
どちらかというと今はやりの音じゃないかもしれないがとても心地よくバランスがとりやすい

GENELEC-8020A
PCモニターサイドで鳴らすにはちょうどよいサイズで音も最高
たまにスタジオに持ち込んでミックスしてるけどとてもやりやすい

YAMAHA-HS7W
レコーディングスタジオでのmixはほぼYAMAHA NS-10M
この部屋にはこのHS7Wがいいのかな?と

ZS-M5
昔からラジカセチェックはこれ
すでにCDは鳴らないけど…. 。


ミックスの良き相棒(机の上とラックマウント分)

FIREFACE UFX
NEVE 33609 (長年使い続けてるなくてはならないもの)
GML MODEL8200
PreSonus FADERPORT (いまはマスターフェーダー書く時くらい?)
YAMAHA reface DX / IMPACT GX61
Kensington SlimBlade Trackball
Amazon Echo Dot
etc.


スピーカー設置奮闘記 2017.08.17

かねてより発注していたスピーカースタンドが届いた
「高さ1000mmなんでこんなノッポのスタンド必要なん?」
「いや~デスクトップで仕事するには必要なんだわ」
そんな話から始まったスピーカースタンドの制作
机の高さは700mm
その上には大きなPCモニターがドカッと陣取っている
普通、PCモニターのサイドにちょこんとスピーカーを鎮座させてる事が多い
自分もそういうセッティングも試したが、思った音は出なかった
長年スタジオでミックスしている聴きなれた音場にサウンドを近づけたいと
まぁなかなか無理な事なんだけどね
少しでも聴きやすい環境を作りたい
そのためには、どうしても1000mmの高さ、1200mmのスピーカー間隔が必要とつくづく思っていた
背が高くなるほど安定感が必要だし重さも大事
たまたま出向いた先で精密部品を作ってる友人に相談.
待つこと三か月
完成し設置することができました
出来上がってきたのがこのオールアルミのスタンド
この小さな部屋に三台のスピーカー
それぞれの特徴をだせる聴き方ができるベストの位置にセットしたい
それ事態が無理な話なんだけど

スピーカースタンド仕様

オールステンレスなので見た目も申し分なくとても綺麗
制作者には大変ご無理をさせました。ありがとうございました!
上板 350mm×250mm×10mm
底板 400mm×400mm×10mm
支柱 直径 100mm×1000mm
制作者:佐々木友張(有)ワタナベ鉄工(岡山県)


特定非営利活動法人
日本レコーディングエンジニア協会メンバー

JAREC HOME PAGE


当協会(JAREC)に対するご理解を調査するため、お手数ですがアンケートにご回答いただけましたら幸いです。

下記またはQRコードよりお入り下さい。

アンケート